超遠投ー中 拡大
● 超遠投 ( 中・小 )
   なぜもっと早く商品化しなかったのかと、言う声も多いトータルバランスに優れたアイテムです。
超高感度という遠矢ウキの特性をハイレベルで維持しながら、竿下から遠いポイントまでを楽にこなす使い勝手のよさに加え、見やすさと安定性もアップしています。
フカセ釣り、ポイント釣法のほか、ダンゴ釣法にも威力、特に食わせダンゴを使う釣りにはダンゴとウキがバランス良く飛び、苦手な釣法をクリアーできたと大好評です。
小は、折れにくい替えトップ付き、フィールドで見やすいトップと替えて御愛用頂けます。中は大遠投でも見やすい4.1×3.5の太トップ。

遠矢うき 超遠投ー小 浮力表示・感度について
ボディーに表示されている数字は、何も付けない状態で浮力体であるボディーが水中に沈み、トップ部は水面上に出ることを意味しています。
 トップ部の残浮力は半分まで沈めるのに約3B弱程度です。
クロダイのアタリは、Bや2B程度のものが多く、時にはG1やG2程度のアタリばかりの日も少なくありません。渋いアタリに対して適確に確実に掛け合わせをして釣果を上げているものですが、形状的に、Bが一気に浮力の抵抗となるのではなく、縦方向に細長く分散している浮力は、水中に引き込まれる部分のみわずかずつかかります。従って、空中にある部分は引力によって後押しはしても、浮力の抵抗はゼロとなります。
 これが超高感度で良く釣れるこのウキの特徴ですが、もう一つはこの長さ、トップ半分まで沈めた状態では、65センチも深いところに道糸があり、風などの影響をほとんど受けないことに加えて、ボディー抵抗は感度方向に無抵抗なのに反して潮流には大きな抵抗体となり、コマセと同方向に流れてくれます。これがアタリが多くなる理由です。
 遠矢国利本人もこのウキの使用頻度が釣行の60%を占めています。

[ HOME PAGE ]

newpage14.htmlへのリンク